斉藤国交相「一方的にバス転換促すものでない」 ローカル鉄道路線存続の議論促進 

  • 2022年8月9日

斉藤国交相(7月29日の会見)

「1日1000人未満」目安に協議会

 経営が厳しいローカル鉄道の今後について、国土交通省の有識者検討会が提言をまとめた。1キロ当たりの1日平均利用者数(輸送密度)が千人未満の区間を目安に、国が協議会を設置するなど、バスへの転換を含めた対策の検討を急ぐよう提言した。斉藤鉄夫国交相は「国が一方的に協議の場を立ち上げたり、バスへの転換を促すものではない」として地域ごとの実情を重視する姿勢を強調しているが、地方の公共交通をめぐる議論が加速し、観光振興の観点から検討を求められる地域も増えそうだ。

 提言は、「鉄道事業者と地域の協働による地域モビリティの刷新に関する検討会」(座長=竹内健蔵・東京女子大教授)が7月25日に公表した。

 利用者数の減少で存続が危機的な状況にある区間の対策については、地域公共交通活性化再生法などに基づき、沿線自治体や鉄道事業者が自ら検討することを基本原則としながらも、合意形成が困難な場合は、自治体や事業者からの要請に応じて国が新たな協議会「特定線区再構築協議会」(仮称)を設置し、検討を促進するよう提言した。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram