成田空港、全ターミナルで「Smart Check-in」を今夏から順次開始

  • 2019年8月22日

 成田空港は、全ターミナルで「Smart Check-in」を今夏から順次開始する。

成田空港では、今夏から全てのターミナルに順次、自動手荷物預け機が本格導入されることにあわせて、自動チェックイン機と自動手荷物預け機を利用したセルフサービス型の搭乗手続き『Smart Check-in』をスタートいたします。

  • 自動手荷物預け機の導入

自動手荷物預け機については、第1ターミナル北ウィングにおいて実証実験を行い、運用検証を行って参りましたが、お客様の待ち時間短縮、チェックインカウンター周辺の混雑緩和など導入効果が大きいと期待されることから、第1ターミナル南ウィングを皮切りに、来年の東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会までに、全ターミナルに合計72台を本格導入いたします。

※『Smart Check-in』ゾーンに設置される自動手荷物預け機(イメージ)※『Smart Check-in』ゾーンに設置される自動手荷物預け機(イメージ)

 

  • 『Smart Check-in』のスタート

自動手荷物預け機の本格導入に伴い、自動チェックイン機と自動手荷物預け機を集中的に配置するエリアを『Smart Check-in』ゾーンと位置づけ、案内表示のリニューアルを行うことにより、お客様動線の円滑化も図るとともに、航空会社の限られた人的リソースの最適化も促進したいと考えております。
成田空港では、 『Smart Check-in』を利用できる航空会社を今後拡大していき、お客様の手続き時間・待ち時間を短縮することで、お客様の多様なニーズに対応して、シームレス、ストレスフリーな移動の実現を図って参ります。

■ターミナル別『Smart Check-in』エリア

関連する記事

JALと京急電鉄、神奈川県は、 共同企画でラッピング列車「行こう!秋の三浦半島」を9月29日から運行する。 日本航空株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:赤坂祐…

続きを読む

阪急交通社は18日、観光列車「海里」貸切ツアー「山形の名湯・美食の旅3日間」を発売した。 阪急交通社(大阪市北区梅田 代表取締役社長 松田誠司)は、旅行会社で初めて観光列…

続きを読む

KNT―CTパートナーズ会(KCP)関西連合会は5日、新・都ホテル(京都市南区)で「第1回KNT―CTパートナーズ会関西連合会国内大商談会」を開催した。約260人が出席…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube