成田国際空港、清掃業務にロボット導入

  • 2019年11月24日

 成田国際空港は、清掃業務にロボットを導入する。

~床面清掃ロボットの導入によるターミナルビル清掃業務の自動化・省力化~

 成田国際空港株式会社は、高い清掃能力を持ち、レーザーセンサー等を活用した高度な自律走行性能と正確なマッピング(清掃エリア設定)に優れた、Avidbots社(カナダ)製「Neo」とサイバーダイン社(日本)製「MB-CL02」の2機種をターミナルビルの床面清掃業務に導入します。
日本の玄関である成田空港は、現在、延床面積が約92万㎡もの巨大ターミナル施設ですが、その衛生と美観は、昼夜を問わず誇りをもって業務に従事する多くの清掃スタッフの手によって保たれています。東京2020オリンピック・パラリンピックに向けて更に多くのお客様をお迎えするにあたり、一部の業務をロボットに担わせることで、スタッフが熟練したスキルを要する作業にいっそう専念できるよう、清掃業務のあり方を再構築して参ります。
同時に、ロボットの活用が「お客様に見せる清掃」への進化を促し、また、清掃スタッフを「ロボットオペレーター」として位置付けることによって、新たな清掃業務の姿を成田空港から発信して行きます。
成田空港では、今後も最先端の技術を活用した自動化・省力化の取組を推進するとともに、お客様にとって「安全・安心・快適」な空港を実現して参ります。 

 

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram