復興庁、「『新しい東北』復興・創生顕彰」にホテル観洋など10件を選定

  • 2019年2月5日

震災の風化を食い止める役割も担っている語り部バス

 復興庁は、東日本大震災後の新しい東北の創造に向けた取り組みを顕彰する「『新しい東北』復興・創生顕彰」を実施しているが、2018年度について10件を選定した。観光関連では南三陸ホテル観洋(宮城県南三陸町)の「語り部バス」の取り組みが高く評価され、受賞した。

 18年度は132件の応募があり、選定委員が10件を選んだ。顕彰式典は2月17日、宮城県仙台市で開催される。

 ホテル観洋は、震災の恐ろしさ伝え、記憶の風化を食い止めるため「語り部バス」を運行しているが、「運行を通じた風化防止と交流人口の増加に伴う地域活性化に貢献している」ことが評価された。

 女将の阿部憲子さんは受賞について「大変光栄です。地域のお役に立てればと思い立ち上げましたが、いまでは従業員も使命感をもって取り組んでいます。震災から8年目になりますが、復興が進んでいるところとそうでないところがあります。『諦めない』をキーワードに今後も取り組んでいきます」と話した。

 一般社団法人三陸ひとつなぎ自然学校(岩手県釜石市)は、地域資源にスポットを当てた体験プログラムの提供などが「地域の魅力発信、関係人口の創出、人材の育成に貢献している」として選ばれた。

 その他の受賞者は次の通り。

 岩手県立宮古工業高校(岩手県宮古市)▽NPO法人SET(同陸前高田市)▽一般社団法人ReRoots(宮城県仙台市)▽NPO法人つながりデザインセンター・あすと長町(同)▽NPO法人TEDIC(同石巻市)▽一般社団法人ふくしま逢瀬ワイナリー(福島県郡山市)▽NPO法人Jin(同浪江町)▽NPO法人ビーンズふくしま(同福島市)


震災の風化を食い止める役割も担っている語り部バス
  

関連する記事

7日に成立した政府の2018年度2次補正予算で、観光庁予算には、宿泊施設のバリアフリー整備を促す補助事業と、外国人旅行者の災害発生時の安全・安心確保に関する公共交通機関へ…

続きを読む

関東運輸局は8日、東京都内で第5回「広域関東学生インバウンド旅行企画コンテスト」の最終審査・表彰式を開いた。最高賞のグランプリは茨城県の清真学園高等学校が受賞。昨年の第4…

続きを読む

東日本大震災の発生から8年を迎えるのを前に、被害の記憶の風化を防ごうというイベントが10日、東京都内で開かれた。福島県の内堀雅雄知事をはじめ、東北4県の関係者が復興への取…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube