岩手県北バス、新たなバスロケーションシステム導入

  • 2021年2月12日

 岩手県北バスは5日、新たなバスロケーションシステムを導入した。

岩手県北自動車株式会社、株式会社みちのりホールディングス、株式会社両備システムズは、岩手県北バスが運行する路線バス・高速バス(臨時バス等は除く)において、新たなバスロケーションシステム(以下:バスロケ)を導入いたします。バスロケでは、運行中のバスの現在地や停留所への到着予測時刻、遅延情報などの運行状況をリアルタイムで把握でき、バス利用者の利便性が飛躍的に向上します。この度のバスロケの導入によって、自社サービスのみならず主要な乗換検索サービスや地図情報サービス等においてもバスの現在地や到着予測時刻が検索・表示できるようになります。

1.サービスの概要
・対象路線:岩手県北バスが岩手県内で運行する路線バス・高速バス
・サービス開始日:路線バス(106急行含む) 2月5日
高速バス 近日中
※なお、南部バスによる青森県でのサービスは2021年3月の導入を予定しています。

2.利用方法
(ア)  バスロケ専用サイト(https://mc.bus-vision.jp/iwate-kenpokubus)へアクセスします。
バスロケでは主に以下のことができます。
①停留所名を入力してバス接近情報をクリックすると、バスの到着する予測時刻が分かります。
②(停留所名がわからなくても)表示されている地図から停留所のアイコンを選択することで予測時刻等が分かります。地図上のテキストボックスから住所やランドマークの位置を検索できるので行きたい場所の最寄りの停留所を検索することができます。
③対象のバス車両が現在運行している位置を地図上で確認することができます。
④検索履歴からよく使う停留所をワンクリックで選択することができ、一度に検索結果画面を表示することができます。
(イ)  バスロケ利用画面イメージ(スマートフォン)

3.各社の役割
・岩手県北バス:路線バスの運行、システム導入・運用
・みちのりHD:サービス設計、システム導入支援
・両備システムズ:バスロケーションシステムの開発・提供

4.本システムの特徴
・国土交通省が規定した「標準的なバス情報フォーマット(GTFS-JP/RT)」に準拠
・主要な乗換検索サービス、地図情報サービスとの連携が容易に可能(予定)
・各種システム連携により、データ入力の手間を極力無くし、業務運用の効率化・省力化を実現
・バス車載器にGPSロガーを採用したシンプルな機器構成により、初期導入費用・ランニング費用ともに大幅なコスト削減を実現(従来比50%削減(みちのりHD調べ))
・GPSの位置情報のみで停留所の通過判定を行うため、通信断やGPS測位ができなかった場合でも様々な補正ロジックにより予測精度や正確性を向上

5.みちのりグループのバスロケへの取り組み状況
みちのりグループでは、以前より関東自動車、会津バス、福島交通にてバスロケを導入済みであり、今回の岩手県北バスおよび3月の茨城交通をもってグループ全社への導入が完成します。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram