山田コンサルティング、セミナーで「ウィズコロナ期における宿泊業の事業戦略」解説

  • 2020年11月22日

 金融ファクシミリ新聞社は10月29日、「ウィズコロナ期における宿泊業の事業戦略」と題したセミナーを自社セミナールームで開催。山田コンサルティンググループシニアコンサルタントの武藤良輔氏が、業界の現状と見通し、M&Aを含む宿泊施設投資の成立条件を、宿泊業への参入を検討する企業などに説明した=写真。

 武藤氏は「インバウンドの消滅に伴う宿泊需要の減少により、M&Aを経て資金力のある企業の寡占化が進む」と述べ、業界再編が加速すると分析。宿泊業への参入に関して「買収に際し、施設形態別の収益構造を理解し、売り上げや費用などを含む評価項目を詳細に把握する必要がある」「各施設について、不動産や建物に関する調達コスト、ブランド力、独自性のあるコンセプト―の3点が投資成立のポイント」と述べ、M&Aの買収側、売却側の観点についても解説した。

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram