宿泊4団体、コンプライアンス徹底へ 観光庁に取り組み報告

  • 2022年2月7日

 日本ホテル協会、全日本ホテル連盟、日本旅館協会、全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会の宿泊4団体は1月25日、宿泊業界としてコンプライアンスの徹底を図るため、同事項に係る取り組みについて観光庁に連名で報告し、実施していく方針を示した。昨年のGo Toトラベル事業不正給付事案を鑑み、関連制度や教育研修を通して加盟宿泊事業者に対しコンプライアンスを訴求していく。

 今回の取り組みでは、「宿泊業界におけるコンプライアンスへの取り組みの手引き」を作成し、コンプライアンス意識の保持とそれに関わる体制構築、行動規範の再認識や相談窓口の設置などの事項を盛り込んだ。通報者が解雇等不利益な取り扱いを受けないよう公益通報者保護法についても記述し、6月1日に同法が改正、施行されるのに合わせ同手引きの内容を改訂する予定。経営者のコンプライアンス意識向上を目的に、年1回程度研修会も開催するとしている。

 不正案件の早期発見、早期対応のために、「国土交通省公益通報相談窓口」「厚生労働省公益通報相談窓口」を加盟宿泊事業者の社員へ周知することを要請し、自社内に内部通報窓口を有するか否かに関わらず不正発覚時の報告をちゅうちょなく行える環境づくりに尽力する。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram