宿泊観光、参加率増も減少傾向

  • 2020年1月28日

旅行優先度の低下懸念

 日本観光振興協会が実施した「観光の実態と志向」調査によると、2018年度の宿泊観光旅行の参加率は50.1%で、17年度から1.1ポイント増えた。3年続けての減少にはならなかったが「16年以前の水準には達しておらず、引き続き減少傾向にある」としている。

 調査は15歳以上の男女を対象にインターネット上で昨年10月に実施した。有効回収数は2万1887人。

 宿泊観光旅行への参加希望は全体で70.8%、17年度に比べて6.7ポイントの大幅減。経年的変化でみても減少傾向にあり、「旅行に対する優先度の低下が懸念される」と日観振。

 また、宿泊旅行をしなかった理由をみても、割合は小さいながらも「行きたいと思うところがない」「旅行は嫌い」の回答率が増えていることから、「旅を避ける、控える層の動向には今後注視する必要がある」としている。

 一方、宿泊観光旅行における利用交通手段は、自家用車が42.3%と最も高くなっている。以下、JRの33.1%、飛行機の16.5%と続く。

 報告書は3月に発行する予定。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram