宿泊業界向けに初めての国家検定試験、来年3月に実施 国家資格「ホテル・マネジメント技能士」

  • 2018年8月6日

 ホテル・旅館向けの初めての国家技能検定試験が来年3月から始まる。

 ホテル業界検定スタートアップ支援協議会(東京都千代田区、作古貞義理事長)は7月23日、厚生労働大臣から「ホテル・マネジメント職種に係る技能検定試験業務」を行う試験機関としての指定を受けた。

 技能士は1~3級の3段階。級別に学科試験と実技試験を行い、「ホテル・マネジメント技能士」の国家資格を付与する。2019年3月23日に2級と3級の第1回の技能検定試験を実施する。

 技能検定とは、「職業能力開発促進法」に基づき、働く上で身に付ける、または必要とされる技能の習得レベルを評価する国家検定制度。2018年4月1日現在で、全127職種が国から認められ、それぞれに検定試験がある。内訳は、都道府県が実施する職種が111職種、国に指定された指定試験機関が実施する職種が17職種となっている。

 今回の国家検定は、宿泊業界で働く人たち、働きたい人たちに対して、要求されるマネジメント能力を明確に示した上で、能力を客観的に評価し、宿泊産業界の今後のさらなる発展に寄与することを目的としている。

 問い合わせ先は、ホテル業界検定スタートアップ支援協議会(事務局・NPO法人シニアマイスターネットワーク内、〒102―0093 東京都千代田区平河町2の5の5 全国旅館会館2階、TEL03・6261・6375)。

関連する記事

観光庁が7月31日に発表した宿泊旅行統計調査の結果、今年5月の宿泊施設の延べ宿泊者数(第2次速報値)は、前年同月比1.5%減の4236万人泊だった。全国のうち32道県が前…

続きを読む

観光庁は7月31日、スポーツ庁、文化庁と共同で「スポーツ文化ツーリズムアワード2018」の公募を開始した。スポーツと文化資源を組み合わせた観光プログラムや観光客増加につな…

続きを読む

旅館でおなじみの和食。健康長寿の食として世界から注目され、2013年にはユネスコ無形文化遺産に登録されている。農林水産省は「和ごはん」を身近に、手軽に親しんでもらおうと、…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube

温泉エッセイスト 山崎まゆみさんが来社!