宿泊業の売上高、3ヵ月連続で減少 総務省12月分速報

  • 2019年3月12日

 総務省はこのほど、サービス産業動向調査の昨年12月分速報を公表した。同月の宿泊業の売上高は前年同月比1.6%減の4478億9700万円と、3カ月連続で減少した。サービス産業全体は同1.5%増の33兆8207億3900万円と、26カ月連続で増加した。

 ほかの産業を見ると、飲食店が同0.5%増の1兆8499億5700万円。娯楽業が同1.0%減の2兆8773億5100万円。道路旅客運送業が同3.2%減の2968億1700万円。

 9の産業大分類別では、「宿泊業、飲食サービス業」と「生活関連サービス業、娯楽業」の2産業が減少。「情報通信業」「運輸業、郵便業」などの6産業が増加。「医療、福祉」が横ばいだった。このうち「宿泊、飲食」は同0.2%減の2兆5231億9100万円。

宿泊業の従事者 3ヵ月連続減少

 同月のサービス産業の事業従事者数は、宿泊業が75万1100人で、前年同月比2.1%減と、3カ月連続で減少した。サービス産業全体は3073万8500人で、同0.3%増加した。

 9の産業大分類別では、「宿泊業、飲食サービス業」など4産業が減少。「生活関連サービス業、娯楽業」など5業種が増加した。

関連する記事

総務省はこのほど、サービス産業動向調査の2月分速報を公表した。同月の宿泊業(旅館・ホテル、簡易宿所、下宿業)の売上高は3802億2千万円で、前年同月比4.5%増加した。サ…

続きを読む

石井啓一国土交通相は10日の会見で、北海道倶知安町で10月に開かれる20カ国・地域(G20)観光相会合について、議長国として「SDGs(持続可能な開発目標)に対する観光の…

続きを読む

気象庁は9日、山形、福島両県にまたがる吾妻山の噴火警戒レベルを「2」(火口周辺規制)に引き上げた。再引き上げは客足にも影響を及ぼしそうで、観光関係者も成り行きを注視してい…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube