宿泊業の倒産、17年度は81件

  • 2018年5月16日

 東京商工リサーチによると、2017年度(2017年4月~2018年3月)の宿泊業の倒産(負債1千万円以上の企業倒産。法的倒産と私的倒産を含む)は81件、負債総額は415億7千万円だった。件数は前年度比9・5%増加(7件増)。額は同20・8%増加した。

 件数は2年ぶり、額は3年ぶりに前年度を上回った。ただ、過去20年間で2016年度に次ぐ2番目に低い水準だった。

 地区別では中部が14件から29件、中国が2件から9件に増加。東北、関東、北陸、九州は減少した。

 形態別では、業績不振で別途設立した新会社に事業移管し、継続する事業再生スキームによる旧会社の特別清算が前年度比61・5%増の21件と、約4分の1を占めた。

関連する記事

大阪マリオット都ホテルは、"鮑"三昧メニューを6月に提供する。 大阪マリオット都ホテル(所在地:大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目1番43号)では、6月1日(金)から6月30日…

続きを読む

ジャパニーズ・イン・グループ(JIG、福田金也会長=栃木県・タートル・イン・日光)は9日、東京の台東区民会館で総会を開き、平成30年度事業計画を決めた。「『旅館』を世界に…

続きを読む

オリエ ンタルホテル広島は、夏のデザート約18種類「サマーデザートブッフェ」を実施する。 オリエンタルホテル広島(所在地:広島県広島市中区田中町6-10総支配人:引原史…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

東京スカイツリー・日台観光友好交流5周年「台湾観光フェア」