宿泊施設を核とした観光DX 観光庁、実証実験の公募を開始

  • 2022年8月8日

 観光庁は1日、「宿泊施設を核とした観光地のDX推進に向けた実証事業」の公募を開始した。宿泊施設が核となってDX技術を活用し、地域の観光関係事業者などとの連携を通じ、地域全体での収益力向上を目指す実証事業を支援する。

 地域の観光産業の核となる宿泊施設では顧客や会計などのデータを管理するITツールを導入しているが、施設内での活用にとどまる。地域の観光関係事業者などとデータ連携していないため、データを活用した分析、戦略に基づく地域全体としての施策に取り組めていない。双方がデータを活用し連携を強化すれば、地域の観光関係事業者間での相乗効果や地域全体の収益最大化が期待できる。宿泊客にとっても宿泊前後の周遊、飲食、購買など地域内での活動での利便性が高まる。

 こうした観点を踏まえ、同事業では、宿泊施設が核となってDX技術を活用し、地域の観光関係事業者などとの連携を通じ、地域全体での収益力向上を目指す実証事業を行う。申請主体は、宿泊施設、宿泊施設と同事業の取り組みを行う民間事業者、DMO、観光協会、業界団体など。

 支援対象経費は500万~2千万円(税込み)。

選定件数は20件程度。公募期間は8月31日まで。

 公募に関する問い合わせ先は、「宿泊施設を核とした観光地のDX推進に向けた実証事業」事務局(JTB霞が関事業部)TEL03(6737)9263。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram