宿泊・飲食業の業況判断、見通しに厳しさ

  • 2009年3月14日

 総務省はこのほど、個人企業経済調査(動向編)の、昨年10〜12月期の結果を公表した。それによると、個人企業(個人経営の事業所)の同期の業況判断DI(「よい」とする事業所割合から、「悪い」とする事業所割合を引いた値)はマイナス72.3で、前期(昨年7〜9月期)に比べ0.7ポイント悪化した。このうち宿泊業・飲食サービス業はマイナス69.2で、同0.4ポイント改善した。ただ、来期(今年1〜3月期)の業況見通しDIはマイナス75.0で、今期に比べ5.8ポイント悪化する見通しだ。

 宿泊業・飲食サービス業の、前期と比較した業況判断DIはマイナス58.5で、前期比5.0ポイント悪化。前年同期(07年10〜12月期)と比較した業況判断DIはマイナス65.7で、同4.5ポイント悪化。ともに厳しい判断となっている。

 売上状況も厳しく、前期と比較した売上状況DIはマイナス56.3で、同5.8ポイント悪化。前年同期と比較した売上状況DIはマイナス63.0で、同4.2ポイント悪化している。

 ほかの業種の業況判断DIをみると、製造業がマイナス71.6で、同0.3ポイント悪化。卸売業・小売業がマイナス74.5で、同2.3ポイント悪化。サービス業がマイナス71.5で、同0.5ポイント改善。

 来期の業況見通しは、全業種トータルがマイナス78.3で、今期比6.0ポイント悪化の見通し。宿泊業・飲食サービス業を含め、すべての業種で悪化する見通しだ。

 他業種の前年同期と比較した売上状況DIは、製造業がマイナス67.0で、前期比9.6ポイント悪化。卸売業・小売業がマイナス64.2で、同3.6ポイント悪化。サービス業がマイナス64.5で、同0.5ポイント悪化。すべてが厳しい状況となっている。全業種トータルではマイナス64.5で、同3.8ポイント悪化した。

 宿泊業・飲食サービス業の1事業所当たり売上高は263万5千円で、前年同期比11.5%増加。1事業所当たり営業利益は52万3千円で、同17.0%増加した。

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram