宮城・作並温泉、観光客らと避難訓練

  • 2008年10月11日

旅館組合や仙台市の職員ら100人が参加

旅館組合や仙台市の職員ら100人が参加

 宮城県の作並温泉旅館組合は9月30日、観光客らを対象をした避難訓練を行った。旅館組合員や仙台市の職員ら約100人が参加。外国人を含む観光客からの問い合わせに対応する広報訓練など実践的な内容に取り組んだ。1つの温泉街が一体となって避難訓練を行うのは、同県内の温泉地で初めて。今後も「安心、安全の作並温泉」をアピールし、誘客につなげたい考えだ。

 避難難訓練には同温泉の7軒の宿泊施設の従業員のほか、地元消防団や東北大学の災害制御研究センターの研究員らも参加。共同の一時避難場所への観光客の誘導や旅館組合共同の臨時相談所の設置、倒木を取り除いての避難経路確保訓練などを行った。外国人も参加し、インバウンド客への避難指示訓練などに協力した。

 同温泉旅館組合の森谷寛組合長(作並ホテル)は、「従来施設ごとにやっていたものを初めてまとまって行ったことは非常に意義がある。この取り組みを毎年継続し、『安心・安全の作並温泉』を売りにしていきたい」と意欲を見せた。

 同温泉では、従業員を対象にAED講習を実施するなど、安心・安全の温泉地づくりに力を入れており、今後は各宿泊施設でのAED普及率100%の実現なども進める考えだ。

DCに合わせもてなし企画 宮城・作並
 作並温泉旅館組合は10月から、仙台・宮城DCに合わせたオリジナルのおもてなし企画を始めた。同温泉に近いニッカウヰスキー宮城峡蒸溜所とタイアップし、オリジナルウイスキーづくりなど5つのメニューをそろえ、宿泊客増を狙う。

 新たに始めた企画は、(1)オリジナルウイスキーづくり(2)宮城峡の名水と紅葉を楽しむノルディックウォーク(3)ウイスキーとジャズを楽しむイベント(4)合計年齢120歳以上のカップル(夫婦)へのオリジナル純米酒プレゼント(5)組合旅館での「作並伊達鍋」の提供──の5つ。

 このうちオリジナルウイスキーづくりは、ニッカウヰスキー宮城峡工場で作られている5種類のウイスキーを参加者が自分の好みに合わせて調合するもの。「世界で1つ、自分のウイスキーを作れる」(森谷組合長)。また作並伊達鍋は、名産の仙台味噌と豆乳をベースにした作並温泉オリジナルの鍋で、各旅館によって具材が違うことから、バリエーションを楽しめる。

 今年6月の岩手・宮城内陸沖地震以降、同温泉でも観光客の入りこみ減が続く。森谷組合長は、「作並は仙台からも近く、気軽に来れる。ぜひ美しい紅葉とオリジナル企画を楽しみに来てほしい」と強調した。

旅館組合や仙台市の職員ら100人が参加
旅館組合や仙台市の職員ら100人が参加
新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram