定款に「観光立県推進」 新潟県旅館旅館ホテル組合が通常総会

  • 2018年6月8日

あいさつする野澤理事長

 新潟県旅館ホテル組合(野澤幸司理事長、467会員)の2018年度通常総会が22日、新潟県糸魚川市のヒスイ王国館で開かれた。18年度事業計画、収支予算を承認したほか、「観光立県の推進」を追加した定款の変更を承認した。外国人宿泊客にフロントでパスポートの提示を求める際に、多言語で対応できる旅館・ホテル向けガイドの製作も行う。

 18年度の重点事業は(1)19年秋の新潟県・庄内(山形県)エリアのデスティネーションキャンペーン(DC)に向けて、サクラクオリティ認証事業(旅館などのサービスの品質を客観的に評価する認証制度)の推進と、日本海美食(新潟ガストロノミー)プランの宿泊企画の取り組み(2)インバウンドの誘客強化と泊食分離の経営者セミナーの開催(3)HACCP(ハサップ=食品の製造工程で衛生、品質を管理する制度)への対応(4)政策的課題への取り組み(消費税軽減税率制度への対応と支援、出国税使途への対応、住宅宿泊事業法に対応した施設の監視とその対応)―など。

 定款の変更では、第1条に「新潟県観光立県の推進」を追加。7条に、「新潟県観光立県推進に関する関係団体との連絡調整」が新設された。

 総会には、来賓、会員ら約110人が出席。国土交通省北陸信越運輸局の江角直樹局長、新潟県産業労働観光部観光局の樺澤尚局長、自民党新潟県観光議員連盟の中村康司県議会議員、糸魚川市の織田義夫副市長、新潟県観光協会の早福浩樹常務理事、全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会(全旅連)の多田計介会長が来賓祝辞を行った。

 議事終了後、新潟県・庄内エリアDCの総合プロデューサー岩佐十良氏が、日本海美食(ガストロノミー)と題して講演した。


あいさつする野澤理事長

関連する記事

本白根山噴火の被害なし 上信越高原国立公園の中にある万座温泉(群馬県嬬恋村)。標高1800メートルの場所にあり、「車で来れる、一番高いところにある温泉地」と万座温泉観光協…

続きを読む

日本観光振興協会と道路行政のシンクタンク、日本みち研究所は12日、地域活性化に向けた支援活動を協働で行う連携協定を結んだ。観光の切り口で「道の駅」の機能を強化、地域との連…

続きを読む

山形県旅館ホテル生活衛生同業組合(佐藤信幸理事長、326会員)の2018年度通常総会が5月29日、山形県上山市の「日本の宿古窯」で開かれた。18年度事業計画、収支予算を承…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube

長澤まさみさん「Meet Colors! Taiwan」CM発表会