奈良・大極殿正殿の特別公開に約3万人

  • 2008年10月4日

10万枚の瓦が使われた屋根

10万枚の瓦が使われた屋根

 奈良市の平城宮跡で復原工事が進む「第一次大極殿(だいごくでん)正殿」が9月21日から23日までの3日間、一般に特別公開された。平城遷都1300年祭が開かれる10年の完成を目指しており、一般公開は今回が最後。20日に行われた内覧会を含め、4日間で約2万9千人が訪れた。

 大極殿は、今から約1300年前の710年に藤原京から遷都された平城京の北側に位置した「平城宮」の最も重要な建物。遷都後の715年に竣工したと考えられ、天皇の即位式や元日の朝賀(ちょうが)のような国家的儀式に使われていた。復元する建物の大きさは、東西長さ約44メートル、南北長さ約19.5メートル、高さ約27メートル。

 初重、二重の屋根に葺き上げられた約10万枚の瓦や、二重の大棟に載せられた金色の鴟尾(しび)を間近で見る迫力に、多くの人が見入っていた。

10万枚の瓦が使われた屋根
10万枚の瓦が使われた屋根
新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram