大建工業の宿泊施設向け天然木化粧床材、大阪ビューホテル本町が採用

  • 2018年8月19日

大阪ビューホテル本町のプレミアムフロアでは、傷にも強い「コミュニケーションタフ防音」を使用

 日本ビューホテルグループで宿泊特化型の観光ホテル、大阪ビューホテル本町(大阪市中央区)が5月にオープンした。地下鉄の本町駅から徒歩2分という絶好のロケーション。170ある客室は、木のぬくもりや日本ならではのデザインを取り入れ、上層階の18、19階をプレミアムフロアとした。

 プレミアムフロアは、靴を脱いで入る和洋室の旅館タイプで、和を感じる格子戸と坪庭を配した。併せて、大阪の景色を楽しめる「ビューバス」も設置。打たせ湯やジェットバス、肩湯が旅の疲れを癒やしてくれる。

 同館の15~19階の客室はフローリングを採用しているが、この床材は大建工業が提案する宿泊施設向けの天然木化粧床材「コミュニケーションタフ防音」だ。

 従来、宿泊施設で木質床材を設置する場合、防音性能を確保するために床下を二重構造にするなどの防音対策を講じる必要があるが、コストと工期面の負担に加え、天井高が低くなるなどの問題があった。

 コミュニケーションタフ防音は、床材基材などに防音性能を高める特殊加工を施しているためカーペットとほぼ同等の厚さ15.5ミリで防音性能が確保できる。また、スラブ層にじか貼りできるので天井高も問題がない。表面材には同社独自のWPC加工を施したため、土足歩行やヒール、キャリーバックなどによる傷やへこみにも強い。

 「傷に強いフローリングを探していた」と日本ビューホテル事業開発室の中里忠課長。大建工業の床材は傷が付きにくく遮音性も高いため採用を決めたという。また、「カーペットに比べ、メンテナンスが簡単なうえ、清潔感がある。意匠性も高い」と評価する。

 併せて、旅館タイプの和洋室に機械すき和紙でできた畳表「健やかおもて・清流」も採用。清流は緻密でシンプルな美しい織り目が特長で、い草に比べて汚れに強い。また、変色しにくいことも導入の理由という。


大阪ビューホテル本町のプレミアムフロアでは、傷にも強い「コミュニケーションタフ防音」を使用

関連する記事

ダスキンは5月29日、「外来生物・害虫対策セミナー」を東京都内で開催した。同社によると、近年は物流網の発達や訪日外国人客の増加に伴い、蚊から媒介するデング熱の感染や、トコ…

続きを読む

サッポロビールは5月28日、第3のビールともいわれる機能系新ジャンルの「サッポロ北海道オフのごちそう」を北海道限定で新発売した。 麦100%と糖質50%オフを両立させ…

続きを読む

プールや温浴施設向けの循環ろ過装置などの開発、製造、販売などを手掛けるショウエイ(川崎市)は、電力や熱量を削減する省エネシステムも提案している。近年では、この省エネシステ…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube