大宮駅に「信濃の風」オープン

  • 2021年7月29日

 JR東日本と、長野県を拠点とするグループ会社のステーションビルMIDORI(長野市)はこのほど、さいたま市のJR大宮駅に地方創生ショップ「信濃の風」をオープンした=写真はイメージ。

 信濃の風は、鉄道のネットワークを活用し、長野県の新鮮な農産物を産地直送で販売する常設店舗で、大宮駅東口2階に設けられた。営業時間は11~19時。こうした店舗は大宮駅では初めてという。

 長野の旬の果物や野菜を毎日北陸新幹線「あさま」で運び、販売する。愛称は「あさま号でお届け、信濃の風」。JR東は「新幹線にのせて毎日長野から運ぶことで、これまで現地でしか手に入れられなかった地元ならではの味、鮮度のいい農産物と出会える場として、首都圏客に長野の魅力を発信する」という。

 今後については、県の自治体や事業者と連携し、農産物の販売だけでなく、農業や移住の体験型ツアーを申し込めるようにする。「県への観光流動の創造、移住の促進など交流人口、関係人口の拡大に貢献する」と意気込む。

 JR東によると、列車を活用した地域産品などの輸送サービスは2020年度に90件ほど実施。例えば、新函館北斗駅から東京駅には毎日駅弁が運ばれている。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram