大型国際会議、札幌と神戸での開催決まる

  • 2014年8月30日

 札幌市と神戸市を開催地とする大型国際会議2件の開催が決まった。観光庁と日本政府観光局(JNTO)が20日、関係機関を挙げた誘致活動の成果として発表した。2件のうち札幌市に決まった国際会議は、日本はもとよりアジアでの開催が初めてとなる。

 札幌市で2018年8月に開かれることが決定したのは、「第30回世界牛病学会」。牛などの疾病に関する国際会議で、日本側の主催団体は日本産業動物獣医学会など。参加者数は約60カ国から2千人(このうち海外からは1500人)が見込まれている。

 神戸市で15年11月に開かれることが決定したのは「シーグラフアジア2015」。コンピューターグラフィックスなどに関する国際会議・展示会。主催団体はACM SIGGRAPH。参加予定者は約30カ国から6千人(このうち海外からは1千人)。

 世界牛病学会の誘致では、立候補したメキシコシティ(メキシコ)、ケープタウン(南アフリカ)、バルセロナ(スペイン)との競合の末に札幌市に決定。獣医数や乳牛の飼養頭数が多い地域性も評価につながったという。札幌コンベンションビューローやJNTOが連携して誘致活動を展開。農林水産相や北海道知事らの招請状も発出した。

 シーグラフアジアの神戸市への誘致に向けては、昨年3月にJNTOの国際会議キーパーソン招請事業で、国際本部の関係者を視察に招待してアピール。国土交通相や文部科学相らの招請状も発出した。

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram