大分県、初のオンライン商談会 

  • 2020年8月21日

開会あいさつする大分県観光局の秋月久美局長

中国系ランオペや県内事業者43社参加

 大分県観光局は7月29日、県内にいながらウェブを活用して遠隔地と商談を行うオンライン商談会を開催した。県が主催する初めてのオンライン商談会には国内にある中国系ランドオペレーター20社、宿泊施設や観光協会、旅館組合など県内事業者23社の計43社が参加。新型コロナウイルス感染症収束後の観光誘客に向けた取り組みを加速する。

 商談会は、運営事務局が大分県庁に設けられ開催。事前に中国系ランオペと県内事業者のマッチング、割り当てを行い、当日はウェブ会議システムを使い個別商談を実施した。

 商談会では、各出席者が名刺交換用の名刺データや商談会で使用するデータ資料を、画面共有機能を使って相手側に見せながら行った。

 「ウィズコロナ時代のニューノーマルとなるであろうオンライン商談会をより良いものにしていく」と大分県。10月には、国内向けのオンライン商談会を開催する予定だ。

 今後は、商談会の相手を海外にも広げ、誘客拡大を図る。

開会あいさつする大分県観光局の秋月久美局長

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram