外国政府観光局、活動縮小6割 休止2割 

  • 2021年6月7日

 旅行ガイドブックを発行している地球の歩き方(本社・東京都品川区)はこのほど、日本国内で誘客プロモーションを展開している各国の政府観光局・機関を対象に「コロナ禍における意識・活動調査」を3月25日~4月2日に実施し、49団体からの回答結果をまとめた。コロナ禍の影響を受けて約6割が活動を縮小、約2割が休止中で、通常通り活動を実施しているのは約2割にとどまることが分かった。

 活動状況は、「通常通り」が22.4%、「活動を縮小」が55.1%、「活動は完全に休止中」が22.4%だった。活動縮小中の事業内容を複数回答で聞くと、「現地の感染状況や最新状況などをSNS、メルマガ、ホームページなどで発信」が83.3%、「BtoB旅行業界向けセミナーの実施、企画提案」が80.0%などだった。

 今後の活動予定では、「現在の活動を継続予定」が61.2%、「(現在の活動に加えて)新たな活動を予定」14.3%、「活動を再開予定」6.1%、「活動休止を継続予定(再開未定)」10.2%、「未定」が8.2%。

 積極的な活動を再開するタイミングについては、複数回答で「本局の判断・指示による」が71.4%、「外務省感染症危険レベルが渡航可能なレベルに下がったとき」が38.8%、「日本帰国時の2週間自主隔離が解除されたとき」が32.7%、「日本から自国へ入国する際の規制がなくなったとき」が30.6%、「運休していた航空便の再開が発表されたとき」が24.5%。

 積極的な活動再開の想定時期については、「今年7~9月」が28.6%、「今年10~12月」が24.5%、「今年4~6月」が12.2%、「来年以降」が4.1%、「分からない」が30.6%だった。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram