外国人材の技能実習・特定技能 存廃含め見直し議論

  • 2022年12月29日

春ごろに中間報告

 政府は、外国人材の受け入れに関して技能実習制度と、特定技能制度の見直しを検討する有識者検討会を設置し、12月14日に初会合を開いた。技能実習制度をめぐっては、国際貢献という制度の目的からかけ離れ、人手不足を補う労働力確保が目的になっているといった批判があり、制度の存廃を含めて検討する。春ごろに中間報告、秋ごろに最終報告をまとめる。宿泊業は両制度の対象職種となっており、今後の外国人材の活用に向けて議論の行方が注目される。

 有識者検討会の正式名称は「技能実習制度及び特定技能制度の在り方に関する有識者会議」。座長には田中明彦・国際協力機構理事長が就いた。両制度の施行状況を検証し、課題を洗い出した上で、外国人材を適正に受け入れる方策を検討し、「外国人材の受入れ・共生に関する関係閣僚会議」に答申する。

 主な論点は、技能実習制度のあり方(存廃や再編を含めて検討)、両制度における外国人材のキャリアパスの在り方(対象職種の在り方を含めて検討)、両制度の受け入れ見込み数の在り方など。この他に、外国人材の人権侵害防止などの方策として、管理・支援態勢の在り方、技能実習制度における転籍の在り方など。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram