外国人労働者、宿泊業界あげて受け入れを準備

  • 2018年11月20日

 日本旅館協会の理事会が8日都内で開かれ、宿泊業界を挙げて取り組む外国人労働者の受け入れ態勢の整備に関して進捗(しんちょく)状況が報告された。政府が人手不足への対策で創設を目指す新たな在留資格と、技能実習法に基づく技能実習制度の活用を目指して準備が進められている。

 外国人労働者の受け入れは、全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会、日本ホテル協会、全日本シティホテル連盟と共に設置した「宿泊業外国人労働者雇用促進協議会」で推進。旅館協会では、労務委員会(山口敦史委員長=山形県・ほほえみの宿滝の湯)が施策を担当している。

 新たな在留資格「特定技能」の創設に向けて政府は法改正を目指している。北原茂樹会長は「出入国管理法の改正法案が今国会で審議される。政府としては来年4月から新制度をスタートさせたいとのことで、われわれもその準備を進めていく」と意欲を示した。

 進捗状況は労務委員会が報告。新たな在留資格「特定技能」の活用では改正法が成立し、受け入れ業種に宿泊業が選定されることを想定し、就労の条件となる外国人向けの技能試験を業界で整備する。技能実習制度では、「技能実習2号」移行対象職種への認定を目指し、厚生労働省の専門家会議による意見聴取、技能実習生向けの試験案作成などの準備を進めている。

 旅館協会を含む宿泊業4団体では、「一般社団法人宿泊業技能試験センター」を9月27日付で法人登記した。新たな在留資格、技能実習生の受け入れに必要となる試験の運営を担う。理事会では、センターの当面の運営に必要な資金の拠出を承認した。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram