夏の旅行目的「違う環境でのリフレッシュ」 楽天調査

  • 2022年8月25日

 楽天グループと楽天LIFULL STAYは9日、若者の夏の旅行に関する調査結果を発表した。夏の旅行目的の上位には、「いつもと違う環境でのリフレッシュ」などが入った。

 調査は、同グループの若年層向け(15~25歳)のメンバーシッププログラム「楽天学割」のメンバーを対象にインターネットを利用して実施。調査期間は7月1日から8月1日までで、661人が回答した。

 夏の旅行の目的を尋ねたところ、一番多かったのは「いつもと違う環境でのリフレッシュ」で18.8%。「一緒に行く人との時間を楽しむ」(18.2%)、「夏らしい体験を楽しむ」(17.9%)が続いた。

 夏の旅行でどこに行きたいかを聞いたところ、北海道(17.4%)が最も多く、東京都(8.8%)、沖縄県(7.9%)、大阪府(7.0%)、京都府(6.2%)が続いた。「リゾート地と大都市に人気が集まった」と同グループ。夏の旅行でしたいことは、観光(71.7%)、グルメ(50.2%)、花火(47.5%)がトップ3を占めた。

 夏の旅行での1人1泊当たりの宿泊費用については、「8千円~1万円未満」(23.0%)、「4千円~6千円未満」(20.1%)、「1万円~1万5千円未満」(17.1%)が上位を占めた。1人当たりのレジャー・アクティビティ費用は、宿泊費用と同様に「8千円~1万円未満」(23.1%)、「4千円~6千円未満」(19.7%)、「1万円~1万5千円未満」(18.9%)がトップ3となった。

 旅行の情報の収集場所については、「Instagram」(62.8%)、「Google・Yahooなどの検索サイト」(54.8%)が半数を超えた。次いで「旅行情報まとめサイト」(45.5%)、「旅行予約サイト」(34.6%)が多かった。同グループは、「幅広いツールを通して情報を収集していることが伺える」と話す。


関連キーワード
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram