埼玉観光、バス全15台に空間除菌装置

  • 2020年5月21日

観光バス

「除菌バス」として利用拡大目指す

 埼玉県内で観光バス、路線バスなど計15台を運行する埼玉観光(沼一慶社長)は、乗務員や乗客の感染症防止を目的に、車両に空間除菌装置の搭載を進めている。現在は、噴霧器を5台導入しているが、6月中には15台全てに搭載する予定。沼社長は「今は新型コロナウイルスの影響が拡大しているが、冬にはノロウイルス、インフルエンザなど、感染症への対策がこれまでも必要だった」と、安全安心へのニーズに対応する必要性を話す。

 埼玉観光は、2016年6月に創業。埼玉県越谷市に本社、東京都板橋区に東京営業所を設け、首都圏出発、着型の観光旅行や教育旅行、ホテルの送迎など、観光需要などに対応してきた。

 噴霧器は、九州観光除菌部(大阪市西区)が販売している除菌バス用噴霧器「ハイクロミスト」(本体定価3万8千円)を採用している。使用する除菌水は、インフルエンザやノロウイルス、O―157、各種ブドウ球菌のほか、熱に強い芽胞菌を死滅する効果が基礎除菌実験で実証されている。「カビや食べ物などの臭いを抑え、花粉を不活性化する効果もある」と九州観光除菌部。

 今後について沼社長は「新型コロナウイルスの感染拡大が収束した際は、安全安心な『除菌バス』として利用してもらいたい」と話す。

観光バス

出入り口に噴霧器を設置

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第34回「にっぽんの温泉100選」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2020年度「5つ星の宿」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第34回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2021年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・レジャー&体験」「郷土料理・」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2020年度「部門別・旅館ホテル100選」(2021年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら