国際観光施設協会、「新常態」テーマにホテレスで成果発表

  • 2021年2月16日

 国際観光施設協会(鈴木裕会長)は5日、東京ビッグサイトで16日から始まる「国際ホテル・レストラン・ショー」の出展概要を明らかにした。「ウィズコロナ時代のニューノーマル」を総合テーマに、6チームが進行中のニューノーマル(新常態)に関する研究成果などを発表する。

 今回は研究会や分科会などの枠を越えて「ワーケーション」「フェーズフリー」「町じゅう旅館・ホテル」「ウィズコロナ時代の設備」「ウィズコロナ時代の建築」「ウィズコロナ時代のインテリア」―の6チームを編成。

 ホテレス実行委員会の浅野一行委員長(スターツ総合研究所)は「有効な換気方法や非接触の技術に始まり、旅館・ホテルによる新たな宿泊ニーズの創造まで、ウィズコロナ時代を生き抜くためのハードについてさまざまな視点から提案、紹介する」と話す。

 旅館観光地分科会は宿泊施設がITプラットフォームを用いて地域の食事処や観光情報を宿泊者に提供する「コンシェルジュ機能」を担う方策について研究しているが、町じゅう旅館・ホテルでは東京・浅草の行燈旅館で行った実証実験の映像やIT・Iot・AI技術を紹介する。

 これまでのパネル展示を変更し、大型ディスプレーを使った映像による展示を中心に展開。また、ホスピタリティデザインセミナーは12枠を主催。17日には鈴木会長のあいさつと涌井史郎副会長の基調講演を予定している。

     
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram