国産生ハム普及協会、宿泊施設・飲食店対象にオンライン商談会

  • 2021年2月19日

 国産生ハム普及協会(東京都中央区、野崎美江会長)は3日、オンライン商談会を開いた。生ハム7工房の代表者らが旅館・ホテル、飲食店、バイヤーらへのプレゼンテーションと個別商談会を行った。

 当初は「Jクラフト生ハム(国産長期熟成生ハム)プロフェッショナル対象試食アピール商談会」として、ホテルリステル新宿での開催を同日に予定していたが、緊急事態宣言の発令を受けて、オンラインに切り替えて開催。感染防止対策を講じた上で、生産者自ら生ハムの原木をカットし、切りたてを試食してもらう形式は、来場予定者に試食品を事前送付する形に変更した。

 同協会は、イタリア・スペイン等の伝統的製法を応用し、日本で生まれ育った新鮮な豚の骨付きもも肉を、添加物は一切加えず、塩のみで12カ月以上長期熟成させた生ハムの普及活動をしている生産者団体。全国15工房が加盟している。

 野崎会長は冒頭あいさつで「地元の豚を原料としているため、国産生ハムのマーケットの拡大はダイレクトに生産者の地元に還元される。Jクラフト生ハム製造の産業化による雇用促進、観光資源としての位置づけなど、Jクラフト生ハムを柱とした地方創生も目指している」と述べ、国産生ハム普及の意義を強調した。

 オンライン商談会にはグランビア生ハム工房(秋田県田沢湖高原)、ぐるめくにひろ(東京都杉並区・栃木県日光市)、おおわに自然村生ハム工房(青森県南津軽郡)、惣左衛門(千葉県柏市)、あっぷるとんの生ハム(秋田県横手市)、プロシュッテリア・モリモト(山梨県北杜市)、東北ハム(山形県鶴岡市)が参加。生ハム職人たちが、各工房と製品を生産現場などを見せながら紹介した。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram