四国ツーリズム創造機構、「2022年度の事業計画」公表

  • 2022年6月24日

 四国ツーリズム創造機構は13日、「2022年度の事業計画」を公表した。

この度、(一社)四国ツーリズム創造機構は、当機構の社員総会、全体会議で承認いただいた「2022年度の事業計画」を、本日13日(月)に公表いたしました。

年初からのロシアによるウクライナ侵攻など、観光を取り巻く環境は引き続き不透明感も残っておりますが、3年目に入りましたコロナ禍については、ワクチン接種の普及拡大等に伴い、インバウンドの受入も再開されるなど、前向き感も出ております。

今回、公表いたしました「2022年度の事業計画」は、昨年3月に公表した「四国の観光ビジョン」とそれに基づく「第5次四国観光交流戦略」の目指す方向性、そして2025年の大阪・関西万博を見据えた時間軸を念頭に置いたものです。

具体的には、データ分析に基づくプロモーションなど効果的な事業の展開を行うため、観光関連のデータを収集、可視化する、DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)を構築いたします。

また、インバウンドに前向き感が出てきているとは言え、本格的な回復には依然として時間を要する見込みであることから、オウンドメディアの運用改善や持続可能な観光への取り組みなどの『ブランディング事業』と、四国周遊を後押しする観光アプリ「しこくるり」の機能充実や瀬戸内国際芸術祭、えひめ南予きずな博等と連動したJRグループのアフターデスティネーションキャンペーンやJTBグループの「日本の旬 四国」等の『国内誘客事業』に注力することとし、『訪日誘客事業』については状況を見ながら、流動的に対応することとしております。

今後も、四国4県や観光協会、域内DMO等と情報共有、連携強化を図り、オール四国での観光誘客の促進と「四国ブランドの確立」に繋げてまいります。

 

(写真)
・6/13(月)の半井代表理事、桑村本部長による記者会見

 

一般社団法人四国ツーリズム創造機構公式サイトURL:https://shikoku-tourism.com/

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram