名古屋城「金シャチ」、16年ぶり地上に 疫病退散担う

  • 2021年3月7日

 名古屋のシンボル、名古屋城の天守にある「金の鯱(しゃちほこ)」が今春、16年ぶりに地上に下りることになった。疫病(新型コロナウイルス)退散と、感染拡大の影響で低迷する観光業の復興を担う。

 名古屋城二之丸広場での「金鯱展」(主催・名古屋市、3月20日~4月2日)、中心街である栄(ミツコシマエヒロバス)での「金シャチ特別展覧」(同・名古屋城金シャチ特別展覧実行委員会、4月10日~7月11日まで)で展示される。栄会場では実際に触れることができる。

 入場料は金鯱展が無料、特別展覧は500円(小学生以上)。

 金鯱が地上に下りるのは、2005年の愛知万博(愛・地球博)に合わせて城内で開かれた「新世紀・名古屋城博」以来。この時は展示期間3カ月間で約120万人を集めたという。

 今の金鯱は2代目。雌雄一体で、2体とも高さ約2.6メートル、重さ約1.2トン。雄の方が大きく、2体で計約88キロの18金が使われている。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram