受動喫煙対策の改正法2020年施行、旅館・ホテルで対応進む 

  • 2018年12月21日

喫煙室設置など

 受動喫煙対策を強化した改正健康増進法が今年7月に成立、2020年4月1日から全面施行される。旅館・ホテルを含め、多くの人が利用する施設は原則屋内禁煙が義務付けられ、違反者には罰則も科せられる。

 従来の法律は、望まない人にたばこの煙を吸わせない受動喫煙対策が管理者などのあくまで努力義務で、喫煙できる場所、できない場所が必ずしも明確でなかった。今回の改正法では施設の類型ごとに喫煙に関わるルールを明確にした。

 旅館・ホテルは客室の喫煙は認めるものの、宴会場やコンベンションホール、ロビーなどの公共空間は禁煙となる。ただ、煙が外に漏れない喫煙専用室の設置は認めている。館内に飲食店を設けている場合は、小規模店舗のみ当分の間、喫煙を認める。

 受動喫煙に関しては、都道府県が国を上回る規制をかけた条例を制定する動きが出ている。東京都は客席の面積に関係なく、飲食店を原則禁煙とする条例を20年4月1日に全面施行する。

 法律や条例の施行に先駆けて、旅館・ホテルでも館内の全てや一部を禁煙にしたり、喫煙室を設けたりする動きが出ている。京都市のある旅館は今年から館内を禁煙にしたほか、1階ロビーに喫煙室を設置。北海道のある旅館は全客室を禁煙にする代わりに広いスペースの喫煙ブースを設置。ソファでゆっくりくつろげる「たばこラウンジ」を併設している。

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube