北陸修旅の魅力PR 

  • 2018年4月17日

2020年度に誘致へ 東京で説明会

 
 北陸での修学旅行をPRする旅行会社向けの説明会が3月13日、東京都渋谷区のJR東日本本社ビルで開かれた=写真。主催は富山県、石川県、福井県、JR西日本金沢支社、北陸経済連合会。2020年度の修学旅行の誘致に向けて、観光素材を紹介するプレゼンテーションや商談会が行われた。

 北陸3県の自治体や観光協会、宿泊施設、観光施設など約70人が参加。旅行会社は、首都圏の9社の教育旅行担当者約70人が来場した。

 主催者を代表してあいさつした富山県首都圏本部の稲場実副本部長は「北陸を修学旅行先として見た時、さまざまな文化施設、豊かな自然、ものづくり産業から成る産業観光、伝統と歴史ある街並み、農家民泊や漁家民泊などの魅力がある。北陸の魅力を一体となってご提案していきたい」と述べた。

 JR西日本営業本部の水田雅博担当部長は「北陸の修学旅行誘致のポイントは三つある。一つは北陸3県の連携。さまざまな魅力がそろい、まとまって情報発信している。二つ目はJR西日本とJR東日本の連携。輸送面、販売面でしっかり連携をとっていく。そして三つ目が、旅行会社と地域、JRの連携だ。旅行会社に力添えをいただき、一人でも多くの学生に来てもらい、学んでいただきたい」と述べた。

 北陸3県のプレゼンテーションでは、特にお薦めの観光素材が紹介された。石川県は、加賀温泉郷の旅館で接客のプロからおもてなし、作法、マナーなどを学ぶ「おもてなし教育プログラム」など。富山県は、地域の伝統工芸、鋳物のメーカー、能作(高岡市)で工場見学、作業体験ができるキャリア体験など。福井県は、森のテーマパーク「ツリーピクニックアドベンチャーいけだ」(池田町)での林業体験や、ゲーム、課題解決活動を通じたチームビルディングなどをPRした。


関連キーワード

関連する記事

塩原、板室両温泉郷(栃木県那須塩原市)の魅力をPRする観光キャラバン隊のグループが11月26日、東京・池之端の観光経済新聞社を表敬訪問した。 訪れたのは奥塩原高原ホテル…

続きを読む

岐阜県がこのほど発表した2017(平成29)年の観光入込数は7104万8千人で、前年比1.5%減だった。「天候に恵まれず、特に夏休みや行楽シーズンに雨や台風が多かったこと…

続きを読む

国連教育科学文化機関(ユネスコ)の政府間委員会は11月29日、日本の「来訪神:仮面・仮装の神々」の無形文化遺産登録を決めた。2009年に登録された「甑(こしき)島のトシド…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube