北海道が「どうみん割」実施

  • 2021年12月11日

 北海道は10月15日から再開していた道民の道内旅行に対する支援事業「新しい旅のスタイル」を12月5日で終了し、12月6日から国の観光支援事業を受けた「どうみん割」を実施する。

 道民の道内旅行代金の最大半額(上限5千円)を割り引くほか、飲食店や土産品店などで利用できる2千円のクーポンを付与するもので、日帰りツアーの旅行代金も対象とする。実施期間は12月29日のチェックアウトまで。

 「新しい旅のスタイル」は、道独自の支援事業として4月2日から実施したが、コロナの感染拡大を受けて5月15日に中断。その後、感染状況が落ち着いた10月15日から道内を6エリアに分け、エリア内の旅行に限定して再開し、11月15日からは道内全域の旅行に広げ、同居人以外との旅行も対象とするなど要件を緩和。落ち込みが続く旅行需要の喚起に努めてきた。

 北海道は、冬を迎えた11月から観光の端境期となる。観光関係者は、「新しい旅のスタイル」に続く「どうみん割」は非常にありがたいとした上で、「観光の本格回復に向け、政府が実施時期を検討中の全国版のGo Toトラベルのできるだけ早い再開を」と期待している。

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram