北海度観光の新魅力、ワイナリーツアー

  • 2022年12月24日

搾汁作業を手伝う参加者

収穫体験や試飲などが人気

 北海道産ワインに対する人気が高まる中、秋の収穫期を中心に地元旅行会社が企画するワイナリーツアーや職場、友人グループなどによるワイナリー巡りが例年になく盛況だった。

 現在、道内のワイナリーは、ワイン特区の指定などもあり、10数年前の2倍以上の55軒に増加。立地も全道に広がり、ヴィンヤード(ワイン用ブドウ畑)も拡大している。生産量も、国産ブドウを原料とする日本ワイン全体の約16%を占め、国内3位の約3300キロリットル(2019年)になっている。

 こうした中で北海道では、道産ワインの生産・販路の拡大に力を入れる一方、北海道観光振興機構などが中心になってワインツーリズムを北海道観光の新魅力に育てる取り組みを進めている。

 今秋のワイナリーツアーは、札幌圏に近い後志エリアの余市町や仁木町、空知エリアへの日帰りバスツアーが中心。果物狩りとセットにしたもの、温泉入浴や道の駅での買い物を加えたもの、ヴィンヤードでの収穫体験を組み込んだものなどさまざまだが、メインはワイナリーでの見学と試飲、それにレストランでの食事を楽しむというもの。少数だが日帰りでなく宿泊を組み込んだツアーもあった。どれも人気だったという。

 札幌の旅行会社コープトラベルは、9月から10月末まで日帰り5回、宿泊付き2回のワイナリーツアーを実施した。各回ともすぐに定員に達する人気で、ツアー後の参加者アンケートでも評価が高かった。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram