創業130余年の奈良の菊水楼「うな菊」、ホテル椿山荘東京の庭園内に3月15日オープン

  • 2023年1月22日

 創業130余年の奈良の菊水楼「うな菊」が、ホテル椿山荘東京の庭園内に3月15日にオープンする。

ホテル椿山荘東京(東京都文京区・総支配人:山下 信典)は、四季折々に表情を変える豊かな自然と、歴史を感じさせる史跡が佇むさながら森のような庭園内に、明治時代から味わいを受け継ぐ鰻専門店 菊水楼「うな菊」を招致し、2023年3月15日(水)にオープンいたします。それに伴い、3月6日(月)より予約受付を開始いたします。

◇同じ時間を歩んできた老舗料亭の鰻専門店がオープン。歴史に思いを馳せるひとときを
当ホテルは、南北朝時代(1336~1392 年)より“つばきやま”と呼ばれた景勝地で、明治時代の元勲である山縣有朋公がこの地に惚れ込み、1878 年(明治 11 年)に自身の庭園と邸宅をつくり「椿山荘」と命名したのがはじまりです。
1952年(昭和27年)には、ガーデンレストランとして「椿山荘」をオープン。以来、古き良きものを大切にしながら新しい視点を加えていくことで、日本の伝統や文化を伝えていく当ホテルならではの「おもてなし」で歴史を紡いできました。

一方、1891年(明治24年)に奈良県で誕生した「菊水楼」は、国内外からの賓客をお迎えできる場所として多くの貴人、要人に愛されてきました。「菊水楼へ訪れることが名士の証」と謳われる老舗料亭として、季節ごとに最もおいしい国産鰻を厳選し、持ち味を余すところなく引き出す料理の一部として人気を博していた「鰻」料理を、より多くのお客様に楽しんでもらいたいという想いから、2016年に鰻専門店として「うな菊」をオープンしました。
今回、明治時代から同じ時間を歩んできた双方の「歴史という時間が紡ぎだす味わい深さと、この時代の新たな楽しみ方を」という想いから、庭園内に鰻専門店 菊水楼「うな菊」をオープン。庭園の豊かな自然と史跡を巡りながらも、より一層歴史に思いを馳せるひとときをお楽しみいただけます。

◇130余年も受け継がれてきた技法による極上の江戸前うなぎのメニューを提供

 菊水楼「うな菊」では、会席料理との相性がいい江戸前うなぎを使用。舌触りを良くするため、腹ビレや背ビレを綺麗に取り除き、蒸して余分な脂を落とし、ふっくらとろっと柔らかく仕上げます。昆布酒を吹きかけながら焼き上げる白焼きは、わさび醤油やお塩などでお楽しみいただけます。また、蒲焼きは、すっきりした継ぎ足しタレをくぐらせながら炭火でじっくり焼いていきます。蒲焼きと白焼きがどちらも楽しめる「あいのせ重」は、うな菊開業時からの一番人気商品です。

今回、ホテル椿山荘東京のオリジナルメニューとして「うなぎ鉄鍋まぶし」をご用意いたします。料亭菊水楼にてご好評の大皿料理をアレンジした東京限定メニューです。3人様分が鉄鍋に盛られおり皆様でシェアしてお召し上がりいただきます。食べ方も3種類お楽しみいただけます。また、新たに構成したうなぎづくしコースもホテル椿山荘東京店でのみお楽しみいただけます。

  • 店舗概要 

■店舗名       :奈良菊水楼 うな菊 ホテル椿山荘東京店
■開業日       :2023年3月15日(水)
■予約開始日     :2023年3月6日(月)正午~
■営業時間                :昼)11:00~L.O. 15:00
夜)17:00~L.O. 21:00
■席数        :34席
■定休日       :なし
■場所        :庭園内(そば処「無茶庵」跡)
■主なメニュー    :
・ホテル椿山荘東京オリジナルメニュー うなぎ鉄鍋まぶし(3名様分) 13,200円
・ホテル椿山荘東京オリジナルメニュー うなぎづくしコース  12,100円
・うな重 一尾 5,280円
・あいのせ重 5,455円
・椿御膳 あいのせ(季節の一品・茶碗蒸し付き) 6,490円
・うまき 1,650円
※消費税込み、サービス料別途
■URL       :https://www.kikuuiro.com/unakiku-tokyo(2023年2月15日開設予定)

 

  • 奈良「菊水楼」のうなぎとは

創業明治24年老舗料亭「菊水楼」の伝統技術 江戸前うなぎ。
かつて大和と呼ばれた奈良は、日本のはじまりとされる地です。日本最古とされる寺社が残り、世界遺産が点在する、まさに類なきロケーションです。万葉集にも数多く詠まれてきたその美しさは、悠久の時を超え今も人々を魅了します。春日大社一の鳥居前に「菊水楼」が誕生したのは、明治24年(1891年)のことです。奈良で国内外からの賓客をお迎えできる場所として多くの貴人、要人に愛されてきました。 「ここへ訪れることが名士の証」と謳われる老舗料亭として、季節ごとに最もおいしい食材を厳選し、持ち味を余すところなく引き出す料理で、130余年の歴史を刻んでまいりました。
興福寺興善院跡地に、寺院ゆかりの豪華な部材と希少な宮大工の匠の技で建てられた建物は国の登録有形文化財に指定。創業当初から会席の一部として人気を博していた「鰻」料理。タレも長年継ぎ足しされてきたタレが存在します。2016年に鰻専門店として「うな菊」は誕生いたしました。

 

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram