前年同月比256%もコロナ禍前水準には戻らず 旅館協会東北の4月宿泊人員


 日本旅館協会東北支部連合会はこのほど、宿泊実態調査の4月の結果をまとめた=表。対象施設105軒のうち103軒が回答。東北6県合計の宿泊人員は前年同月比255.9%増だったが、2019年同月比では69.9%減と、依然厳しい状況が続いている。

 宿泊人員の月別の前年同月比は、12月は34.7%減、1月は72.3%減、2月は71.1%減、3月は12.4%減と低調に推移。4月は増加に転じたものの、コロナ禍前の水準には戻っていない。

 4月は前月に続きコロナウイルスの感染状況が好転せず、祭りなどイベントの中止が相次ぎ、積極的な誘客ができない状態が続いた。修学旅行やスポーツ団体などの顧客需要がなくなり宿泊人員が大きく減った会員施設も見られた。

 売り上げについて、会員施設からは「緊急事態宣言発出に伴い全日休館していた昨年同月比では良い数字が出たが、コロナ禍前の2019年比ではまだ厳しい状況が続いている」との声が多く挙がった。

 
新聞ご購読のお申し込み

注目のコンテンツ

Facebook
X(旧Twitter)
YouTube
Instagram

第37回「にっぽんの温泉100選」発表!(2023年12月18日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2023年度「5つ星の宿」発表!(2023年12月18日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」「5つ星の宿プラチナ」は?

第37回にっぽんの温泉100選「投票理由別ランキング ベスト100」(2024年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2023 年度人気温泉旅館ホテル250選「投票理由別ランキング ベスト100」(2024年1月22日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒