出国日本人数も過去最高更新へ 1900万人にせまる見通し

  • 2019年1月7日

 2018年11月の出国日本人数(JNTO推計値)は、前年同月比8.2%増の167万4千人となった。18年1~11月の累計は前年同期比5.5%増の1732万5千人で、18年の年間値は、統計上残り1カ月あるが、過去最高を記録しそうだ。

 これまでの出国日本人数の最高値は、12年に記録した1849万1千人。観光庁の田端浩長官は「年末年始の予約も好調と聞いており、1900万人にせまりそうだ」との見通しを示した。

 アウトバウンドの好調要因には、中国、韓国との外交関係の安定、堅調な国内経済、為替レートの安定、「ツーリズムEXPOジャパン」の情報発信効果などが挙げられる。

関連する記事

温泉郷で初キャンペーン特典商材を共同購入 埼玉県秩父エリア(秩父市、小鹿野町、皆野町、横瀬町、長瀞町)では、秩父温泉郷推進協議会を組織し、「秩父温泉郷」のブランディング…

続きを読む

外国人向け泊食分離モニターツアー実施 福島市の飯坂温泉では、飯坂温泉インバウンド受入拡充委員会の地域連携推進部会が「Fukushima飯坂温泉RE:BIRTH!」として…

続きを読む

観光庁が2月28日に発表した宿泊旅行統計調査の2018年の結果(速報値)を基に、東北6県の宿泊施設における宿泊者数の動向を見てみよう。外国人延べ宿泊者数は東日本大震災前の…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube