全旅連青年部全国大会、長崎に約800人集う

  • 2018年11月12日

全国の青年部員が集った大会

 全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会(全旅連)青年部(西村総一郎部長=兵庫県・西村屋本館)は10月30日、長崎市の長崎ブリックホールで第24回全国大会を開いた。西村部長は、旅館・ホテル経営を持続するために、「率先して変化をしていかねばならない」と全国から集まった約800人の青年部員らに呼び掛けた。次期部長に内定している鈴木治彦副部長(岡山県・名泉鍵湯奥津荘)は次期体制の活動方針を述べ、協力を求めた。

 全国大会は隔年の開催。式典と、委員会活動を発表する分科会が主な内容。

 式典で西村部長は「観光産業は日本を支える屋台骨の一つになる。しかし、われわれ旅館・ホテルは十分な状態か。生産性が低い、賃金が低い、収益体質が弱いなど、さまざまな課題がある。経営を持続するために、われわれ自身が率先して変わっていかねばならない」と述べた。

 次期部長として紹介された鈴木副部長は、「全国の多くの20代、30代の人たちに全旅連青年部に出向していただきたい。しっかりとしたチームを作り、一人一人の能力と個性を発揮してもらい、日本の観光業、引いては経済の発展に少しでも寄与できる活動を展開したい」と、来年度から2年間の新体制の方針を述べた。

 来賓からは、全旅連の多田計介会長、長崎県の中村法道知事、長崎市の田上富久市長、全旅連青年部OB会の福田朋英会長が祝辞を述べた。

 式典に続き、青年部6委員会による分科会を開催。ITや人材をテーマに研究発表を行った。


全国の青年部員が集った大会

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram