全旅連青年部、まちづくりの事例学ぶ

  • 2009年9月30日

観光庁の笹森課長を交えたパネルディスカッション

観光庁の笹森課長を交えたパネルディスカッション

全国旅館生活衛生同業組合連合会(全旅連)青年部(井上善博部長=福岡県原鶴温泉・六峰舘)は16日、東京の有明フロンティアビルで今年度第2回の県部長サミットを開いた。観光とまちづくりをテーマに観光庁観光地域振興課の笹森秀樹課長を招き、講演会とパネルディスカッションを行ったほか、エコポイント制度について勉強した。

 「観光の現状とこれからの旅館の役割」と題して講演した笹森氏は、国内観光の現状や、全国各地で進んでいる観光圏整備事業、観光圏整備のための支援措置を解説。観光圏の形成を含めた観光まちづくりによる地域活性化に取り組む地域に向けて、庁としてサポート体制を構築している現状を説明し、積極的な活用を訴えた。

 質疑応答では、「新しい観光事業について、議会で予算が通らない」との声が出たのに対し、笹森氏は「地域経済を支えるのは観光だと、皆さんがデータを示し、背中を押せば動くのでは」などとアドバイスした。

 パネルディスカッションはパネリストに笹森氏と、青年部から井口智裕氏(新潟県越後湯沢温泉・HATAGO井仙)、阿部公和氏(山形県湯野浜温泉・亀や)、コーディネーターに柳一成氏(新潟県松之山温泉・ひなの宿千歳)を交えて進行。各地の観光まちづくりの取り組み事例を説明、成果と今後の展望を話した。

 新潟、群馬両県の7市町村で形成する「雪国観光圏」にあるHATAGO井仙の井口氏は「『湯沢ブランド』では限定されるが、『雪国ブランド』では食を含めた観光魅力が一気に広がる。お客さまにより満足してもらうため、広域連携は必要だ」と訴えた。

 このほかエコポイント制度については、電気工事とメンテナンス事業を手掛けるトータルソリューションの美齊津敬二取締役と荒井敏和執行役員が解説。旅館・ホテルでも必需品のエコポイント制度の対象家電(エアコン、冷蔵庫、地上デジタル放送対応テレビ)について、法人がポイントを得るための手続きなどを説明した。

観光庁の笹森課長を交えたパネルディスカッション
観光庁の笹森課長を交えたパネルディスカッション

関連する記事

リーガロイヤルホテルは、「ザ・プレジデンシャルタワーズ」専用ラウンジをリニューアルする。 株式会社ロイヤルホテル(大阪市北区中之島、代表取締役社長 䕃山 秀一)の旗艦ホ…

続きを読む

The GrandWest Arashiyamaでは、サンタクロースが代わりにプレゼントを客室へ届けるサービスの受付を開始した。 ジャパンリゾート株式会社が経営するThe…

続きを読む

箱根仙石原“きたの風茶寮”は、「箱根仙石原の温泉が復活!皆様の温かい応援に感謝還元プラン」を発売した。 箱根仙石原温泉「きたの風茶寮」(神奈川県足柄下郡箱根町仙石原934…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube