全旅連、宿経営ビジネススクール開催

  • 2009年12月12日

リクルート・冨塚氏の講義

リクルート・冨塚氏の講義

 全国旅館生活衛生同業組合連合会(全旅連、佐藤信幸会長)は3、4日、東京のリクルート・セミナールームで通算2回目の若手経営者育成研修「宿経営ビジネススクール」を開いた。全国から応募した旅館・ホテルの若手経営者、経営後継者21人が受講。マネジメント論や、顧客満足度向上のためのノウハウ、インターネット宿泊予約の現状と対策などを学んだ。

 研修は、「我が国の観光・宿泊産業を担う次世代リーダーの育成」を目的に、今年8月に初めて開講。リクルートの共催で、同社から講師の派遣を受けて実施している。

 今回の研修では、「クレームを満足に変えるマネジメント」「ライバルに差をつける情報発信力の磨き方」「顧客満足度向上のための宿改善ノウハウ」「インターネット宿泊予約の現状と勝ち抜くための秘訣」「地域作りに活かせる補助金について」などをリクルートの講師らが講義。

 初日は「リーダーシップとマネジメント」をテーマに、リクルート執行役員・旅行カンパニー長の冨塚優氏が講義した。

 講義は「リーダーとは何か」「リーダーシップとマネジメントの違い」「部下を成長させるにはどうすればよいか」などの問いを受講者同士が考える形で進行。「リーダーシップは覚悟とマインドの問題。マネジメントは技術とスキルの問題」「マネジメント(能力)は教育によって変わるが、リーダーシップ(能力)は教育によって変わらない。自分自身の問題だ」「部下を1人の人間として認め、成長を支えることだ。年齢、性別は関係ない」などの意見や提言が聞かれた。

 開講式であいさつした永山久徳・全旅連青年部前部長は「旅館数が減少しているのは、経営者のマネジメント能力が低いからだと言われる。青年部は40年間、部員同士が教え合い、成長してきた組織だが、マネジメントのプロに話を聞くことも大事だ。今日の話をすべて持ち帰る気概で受講していただければ」と述べた。

リクルート・冨塚氏の講義
リクルート・冨塚氏の講義
新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram