全旅クーポンのこんな使い方 大手旅行商品の代売精算時に利用

  • 2022年2月1日

 (株)全旅が運営している全旅クーポンは、旅行事業者が旅行客のために手配する各施設への支払いを一括後払いができるシステムであるが、実際の施設だけでなく、ホールセラーや大手旅行会社の企画旅行商品を代売する際の精算に利用できる。

 同システムは、現在までで既に約90社の企画旅行商品やユニットを取り扱えるようになっている。さらに、昨年11月に近畿日本ツーリストとも契約し、各旅行会社は専用予約システム「旅丸パック2」「ダイナミックパッケージシステム」をインストールして使えるようになった(別途手続きが必要)。これにより、同社の在庫をいつでも確認、予約できるようになり、顧客に対しリアルタイムでの商品案内が可能になった。この場合も、全旅クーポンで一括・自動で精算となる。「他業種と同様に旅行業界にもペーパーレスの波が来ており、紙パンフレットによる対応は不可能で、原則としてデジタルパンフレットによる対応となるが、既に200社以上の利用申し込みを受け付けている」と(株)全旅。

 ダイナミックパッケージは、商品の性質上店頭で販売しにくい旅行形態だが、コロナ下で店頭販売員、顧客両方にとって「旅行手配」の概念は変革期を迎えている。(株)全旅は「店頭販売だと即決定・即入金の『即売』が必須となるが、ニューノーマルの生活においてダイナミックパッケージを店頭販売できるようになることは、顧客との距離が近い中小の旅行事業者にとって今後大きな強みになり得る」と展望している。

 同クーポン会への入会と近畿日本ツーリストシステムの利用申し込みは専用サイト(https://www.zenryo.co.jp/travel_enrolment/)から。

 問い合わせは、(株)全旅 旅行・営業部TEL03(6264)1399。

     
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram