全世代の50%以上が旅行延期や中止 ゆこゆこ調査

  • 2020年5月20日

 温泉宿泊予約サービス事業などを行う、ゆこゆこホールディングスは、新型コロナウイルス感染症の旅行への影響についてアンケート調査を実施し、その結果を4月30日に発表した。新型コロナウイルス感染症の広がりが本格化した2月中旬以降の旅行動向について聞いたところ、全年代で50%以上が旅行の延期やキャンセルを行っていることが分かった。

 調査は4月10~17日に同社が運営する「ゆこゆこネット」の会員に実施した(有効回答数は9672人)。

 旅行の延期やキャンセルを行った人に、「旅行に代わってどんな過ごし方をしているか」を聞くと、全年代で「旅行とは関係ない別のことに時間を使う」という回答が多く、旅行者の消費意欲がほかの対象に向いている。60代以上のシニアでは、テレビや雑誌、SNSなどで「旅行コンテンツを見る」という回答がほかの世代よりも多く、家で過ごす時間を旅行に関係したコンテンツで楽しんでいる。

 「緊急事態宣言が解除された後の旅行意欲」について尋ねたところ、全世代で67%の人が「旅行に行きたい」と答えた。特に20代以下と70代以上で高く、70%以上の人が回答した。

 また、「緊急事態宣言が解除されたら、行きたい地域」については、最も票を集めたのが「関東地方」。2番目が温泉地の集まる中部地方、次いで関西地方となった。北海道や東北、九州といった答えも多かった。

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら