入国拒否73ヵ国・地域に 政府、新型コロナ水際対策強化で

  • 2020年4月14日

 政府は3日、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けた水際対策として、米国、中国(香港、マカオ含む)、韓国、台湾、英国など49カ国・地域に14日間以内に滞在歴がある外国人の入国を原則として拒否する措置を開始した。すでに同様の措置を実施している欧州などの国と合わせて、入国拒否の対象は73カ国・地域となった。

 新たに入国拒否の対象となったのは、米国、中国、韓国、台湾、英国のほか、インドネシア、豪州、カナダ、シンガポール、タイ、フィリピン、ベトナム、マレーシアなど。すでに3月27日からイタリア、スペイン、ドイツ、フランスなどは入国拒否の対象となっている。

 入国拒否対象の73カ国・地域から帰国した日本人には空港での検査を実施する。また、全世界からの日本人を含む入国者に対し、検疫所長の指定する自宅やホテルなどで14日間待機し、公共交通機関を利用しないよう要請する。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram