償還年数平均17.5年 全旅連ポストコロナ委、宿泊業界の厳しい状態示す

  • 2022年1月11日

委員会の様子

 全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会(全旅連)のポストコロナ調査研究委員会(大木正治委員長)は12月17日、東京の全国旅館会館で会合を開いた。新型コロナによる宿泊施設への影響について、全旅連青年部が行ったアンケートの結果を報告。コロナ禍で発生した債務の償還年数が平均17.51年と、宿泊業界の厳しい経営状況が改めて示された。

 調査は2021年10月15~22日、青年部に所属する経営者の旅館などに実施。1122件が回答した。

 「宿泊需要が平年並みに回復したとして、コロナ禍で発生した負債等を含めた債務償還年数をお教えください」との問いでは、平均が17.51年。償還年数は優良水準が5年以下、標準範囲が6~10年、要改善が11~15年、早急な改善が必要なのが16~25年といわれる中で、極めて厳しい数字が示された。調査では「Go Toトラベルキャンペーンのような一大需要喚起策がなければ、到底コロナ期間に生じた借金の返済などできない」と結論付けている。


委員会の様子

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram