信金中央金庫、「しんきん版“日本体験メニュー”」による地域へのインバウンド誘客を開始

  • 2018年11月9日

 信金中央金庫は5日、「しんきん版“日本体験メニュー”」による地域へのインバウンド誘客を開始すると発表した。

信金中央金庫(本店:東京都中央区、理事長:柴田弘之)は、㈱地域ブランディング研究所(本社:東京都台東区、代表取締役:吉田 博詞)と連携し、信用金庫取引先が提供する訪日外国人向け“日本体験メニュー”を同社が運営する日本文化体験予約サイト「Attractive JAPAN」を通じて世界大手の旅行情報サイト(例:トリップアドバイザー、ビアター等)に掲載し、全国各地に外国人旅行客を呼び込む企画を開始します。

サイト掲載例サイト掲載例

 

 

 

  • 外国人旅行客は「団体ツアー」から「個人旅行」に 

近年、外国人旅行客の関心は、「モノ消費」から「コト消費」に変化、旅行形態も「団体ツアー」から「個人旅行」にシフトしています。 信金中央金庫は、信用金庫とともに信用金庫取引先の海外ビジネスをサポートしてきましたが、インバウンド需要への対応を強化するため、より個人旅行客にフォーカスした「『日本体験』販促支援パッケージ」を企画しました。

地域の特性や文化を熟知する信用金庫が、その取引先から着物体験、和食作り体験などの“日本体験メニュー”を募り、㈱地域ブランディング研究所が運営する日本文化体験予約サイト「Attractive JAPAN」を通じて、世界大手旅行情報サイト(※)計3サイトに掲載することで、日本全国各地へ外国人旅行客を誘致し、地域活性化に貢献して参ります。

※世界大手旅行情報サイトの例:TripAdvisor、Viator、Travel Expert、Expedia等
<Attractive JAPAN> https://attractive-j.com/ja-jp

  • ここがすごい!「3つの特徴」

インバウンドコンサルティング会社の㈱地域ブランディング研究所と連携することにより、信用金庫取引先の中小企業は、次の3つのメリットを受けることができます。

1.必要な手続きは、全て日本語でOK! 世界大手旅行サイトを通じて、世界各国から観光客を誘致

2. 外国人が好む体験メニューや価格設定、外国人対応などについて、プロがコンサルティング

3.予約の受付やお問い合わせへの対応、旅行代金の決済などをまとめて委託

  • お申し込み・ご相談は「信金中央金庫 海外業務支援部」へ!

【お問い合わせ先】
信金中央金庫 海外業務支援部
TEL:03-5202-7674

<企画の詳細>
【企画名】
インバウンド向け「日本体験」販促支援パッケージ

【企画実施者】
・企画者:信金中央金庫
・運営会社:㈱地域ブランディング研究所
・ご案内窓口:信用金庫

【掲載対象となる体験メニュー】
・掲載可能な体験メニューの例
着物体験・和食料理体験・神輿体験等の日本文化体験、芸妓、民謡やマグロ解体ショー等の鑑賞や体験を伴う飲食、果物狩り・川下り・スキーレッスン等のレジャーアクティビティー、日帰り入浴、クルーズ体験、観光タクシー、屋形船・遊覧船 等

・掲載できない体験メニューの例
販売価格が3,000円未満(税込)のもの、売価一定の交通パスチケット、鑑賞や体験を伴わない飲食、体験を伴わない宿泊・物販

※ご興味を持っていただいた方には、初期カウンセリングを実施いたします。

【掲載期間】
1年間

【掲載費用】
30,000円(税別)(本企画特別価格)
※掲載企業から運営会社にお支払いいただきます。

  • 「信金中央金庫」とは

信金中央金庫は、全国に拡がる261金庫、約7,300店舗のネットワークを形成する信用金庫の“中央金融機関(セントラルバンク)”です。信用金庫や信用金庫取引先向けに各種金融商品・サービスを提供しています。特に、信用金庫取引先に向けた支援では、信用金庫とともに、中小企業の販路拡大、地域創生、個人のお客さまへの資産形成のサポートに取り組んでいます。

【会社概要】
会社名:信金中央金庫(略称:信金中金、英文名称:Shinkin Central Bank)
所在地:東京都中央区八重洲1-3-7
代表者:理事長 柴田 弘之
設立:1950年
URL:http://www.shinkin-central-bank.jp/index.html

 

関連する記事

訪日観光客専門バス会社の「ワールドキャビン」は11日 、ホームページを全面リニューアルした。 株式会社WORLD CABIN(所在地:東京都新宿区)は、ホームページを全面…

続きを読む

日本温泉協会は、10言語に対応した風呂でのエチケットを啓蒙するポスターを制作=写真は見本、販売を始めた。訪日外国人旅行者の多い宿などに購入を呼び掛けている。 温泉、入浴関連…

続きを読む

京都市は、Visa・Voyaginと連携した 外国人観光客の伏見・大原などへの訪問を促進する 体験型メニューの開発・販売促進を19日に開始する。 この度,京都市及び(公…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube