保健農園ホテルフフ山梨、2泊3日の宿泊プラン「脳疲労を解消する マインドフルネス・リトリートプラン」を発売

  • 2017年8月10日

 保健農園ホテルフフ山梨は、2泊3日の宿泊プラン「脳疲労を解消する マインドフルネス・リトリートプラン」を30日に発売する。

 「保健農園ホテルフフ山梨」(山梨市牧丘町倉科)は、毎日忙しく、情報過多な生活で脳の疲労を感じている方にお薦めしたい、2泊3日の宿泊プラン「脳疲労を解消する マインドフルネス・リトリートプラン」を2017年8月30日(水)から開催いたします。

 同プランは、医療スタッフの監修のもとに運営するフフ山梨の様々なプログラム(ヨガ・瞑想・農園体験など)に加え、自律神経バランスを整え、しっかりと脳の疲労を回復させていく“マインドフルネス・ブログラム”を追加した宿泊プランです。毎月、数回を予定しており、順次フフ山梨のHPで開催日をお知らせしてまいります。

 寝ても疲れが取れない、日中の集中力が低下している、気分があがらない、常に考え事をして休まらないなどの状態は、脳のオーバーヒートが生じる手前かもしれません。心身に不調が生じる前に、早めに脳を休ませることが必要です。フフ山梨と、都心のオフィスでヨガを体験したときのストレスの状態を比較したデータでは、自然や緑で囲まれた環境の保健農園フフ山梨の方がよりストレスが低減し、ポジティブな情動が高まるという研究結果もでています。いつもの日常の刺激から離れ、脳の疲れをリセットすれば、戻ってからの仕事のパフォーマンスが高まります。効率的な働き方が求められている今、攻めの休息が必要です。

 当プランでは、豊かな自然環境を活用したプログラムを体験していただくことで、自分の生活パターンを振り返り、習慣を変えるきっかけもつくります。心身共にリフレッシュするための休暇として、ぜひご利用ください。
プランの概要は以下の通りです。

◆プラン名:「脳疲労を解消する マインドフルネス・リトリートプラン」
(2泊3日・5食付)

◆開催時期:初回2017年8月30日(水)~2泊3日(平日料金)
2回目以降は日程が決まり次第、順次HPでお知らせ致します。

◆料金:2泊3日 (5食付/夕2、朝2、昼1)(お一人様 税別)
平日 50,000円(2人一部屋)、54,000円(1人一部屋)
休前日 56,000円(2人一部屋)60,000円(1人一部屋)

◆プラン内容:通常プログラム(ヨガ、農園体験等)に加え、
①自律神経測定
②脳疲労を溜めない方法のレクチャー
③自分のパターンを知り、習慣を変えるワークブック
④マインドフルネス瞑想
⑤マインドフルネス森林セラピー

※お食事は、旬の野菜中心のオーガニックフレンチの夕食、和食の朝食、2日目の昼食をご用意しています。

■「保健農園ホテル フフ山梨」について URL: http://fufuyamanashi.jp/
■お客様からのお問い合わせ先:
保健農園ホテルフフ山梨」 山梨県山梨市牧丘町倉科7190番地
Tel:0553-35-4422 Fax:0553-35-4428 E-mail: info@fufuyamanashi.jp

関連する記事

旅館経営者の有志による親睦団体「日本の宿懇話会」が今年設立される。1月25日、東京の浅草ビューホテルで発起人会が開かれ、佐藤義正氏(元国際観光旅館連盟会長、岩手県・湯守の…

続きを読む

立教大学観光研究所(東徹所長)は1月20日、東京の同大学池袋キャンパスで開設50周年記念シンポジウムを開いた。研究所第5代所長を務めた前田勇氏(立教大学名誉教授)が大学の…

続きを読む

「庭のホテル東京」(東京都千代田区)は非常用発電機の点検システムを導入し、安全対策を強化している。一般社団法人関西クリーンエネルギー協会(KCEA、大阪市)が提案するシス…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?