中小企業基盤整備機構、インバウンド対応探るフォーラムを開催

  • 2018年3月15日

 中小企業基盤整備機構(中小機構)近畿本部はこのほど、大阪市の大阪国際ビルディングで「お客様懇談会特別企画 インバウンドフォーラム『地域でのインバウンドを成功させるために!!』」を開催した=写真。自治体職員や商工会、観光サービス事業者らが参加し、観光地経営のあり方や持続可能なビジネス、地域の連携について意見を交わした。

 プログラム前半は、吉川茂樹・中小機構近畿本部副本部長が、「インバウンドの傾向と国の支援制度」を説明。瀬戸口強一・中小機構近畿本部経営支援部長が「インバウンドを取り込むための成功の秘訣」について紹介した。

 後半はパネルディスカッション「~世界に愛される海の京都となるために~」を開催。

 パネリストは、今井真二・京都府北部地域連携都市圏振興社(海の京都DMO)総合企画局長、木村嘉充・京丹後市政策統括監(兼商工観光部長)、寒竹聖一・WILLER TRAINS代表取締役、池田香代子・とト屋女将。コーディネーターは刀根浩志・中小機構近畿本部プロジェクトマネージャー、コメンテーターは高田坦史・中小機構理事長が務めた。

 パネリストからは、広域DMOの課題や観光関係者以外の地域住民との連携について意見が出された。

関連する記事

アドベンチャーワールドは11日、アミメキリンの赤ちゃんの公開を始めた。 アドベンチャーワールド(和歌山県白浜町)では、2019年10月18日(金)に約2年ぶりに誕生した …

続きを読む

日本ホテルスクールは6日、第28回弁論大会を開催した。 専門学校日本ホテルスクール(東京都中野区石塚勉校長)は、第28回弁論大会を11月6日(水)、なかのZEROホール…

続きを読む

ONSEN・ガストロノミーツーリズム推進機構などは10月30日、「 温泉旅行に関するアンケート」の調査結果を発表した。 インターネットリサーチを手掛ける株式会社NEXER…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube