中国アリババグループの旅行サービスプラットフォーム「Fliggy(フリギー)」、中国旅行需要の回復を発表

  • 2023年1月16日

 アリババグループの旅行サービスプラットフォームFliggy(フリギー)は16日、コロナ禍における移動制限緩和を受け、年末年始に長距離移動をする中国人旅行者が増加したことを発表した。

 Fliggyのデータによると、2022年12月31日から2023年1月2日の間に同プラットフォームで行われた予約のうち、都市・省間をまたぐ長距離旅行が全体の80%を占め、予約数は2022年のピークに達したことが明らかになった。1990年代以降に生まれた若い世代が総予約の70%以上を占め、人気の渡航先として上海、成都、北京に加え、中国海南島の最南端都市である三亜が選ばれているという。

 旅行中のアクティビティに関しては、南の島やサーフィンに関する予約が前年比6倍、スノーボードや雪に関連したツアーは前年比3倍以上に増加した。また、海外旅行需要も高まっており、年末年始の海外旅行予約数は前年比3倍を記録した。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram