世界の同業者と現状の情報交換 全旅連青年部

  • 2022年7月16日

フォーラムの様子(壇上が星部長)

 全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会(全旅連)青年部(星永重部長=福島県・藤龍館)はこのほど、フランス・パリで開催された世界の宿泊業界による「Global Reform BnBフォーラム」に参加。各国の同業者の現状を把握するとともに、日本の観光事情、コロナ禍の状況を報告した。次回の会議誘致のプレゼンテーションも行い、今年12月の京都での開催が決まった。

 フォーラムは世界各国の宿泊事業者や宿泊業界団体が加盟する、対違法民泊に関する議論を行う会議団体。

 今回は世界30カ国の約60人が参加した。各国における宿泊や観光に関わる情報を共有したほか、ポストコロナ期の流通対策、OTAに関する諸問題も議論した。

 民泊に関しては、「世界的に見ると、住宅用物件の宿泊施設転用による物件価格の高騰、居住人口の減少による税収減や廃校問題など、有名観光地になればなるほど深刻な問題として行政もシリアスに対応を進めている」という。

 全旅連青年部は10人が参加。大沼孝晶・流通事業担当副部長が日本における観光事情やコロナ禍の状況、青年部の活動内容を伝えた。

 フォーラムは約半年に1回開催されているが、新型コロナの影響で今回は約2年ぶりのリアル開催となった。次回は今年12月に京都で開催。星部長が日本誘致のプレゼンテーションを行い、開催が決まった。


フォーラムの様子(壇上が星部長)

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram