世界かんがい遺産に2件登録

  • 2021年12月17日

 農林水産省によると、国際かんがい排水委員会(ICID)は11月26日開いた国際執行理事会で、ICID日本国内委員会が「世界かんがい施設遺産」候補として申請した2施設を同施設遺産として登録することを決めた。これにより、日本の施設遺産は44件となる。

 登録されたのは大阪府河内長野市の「寺ケ池・寺ケ池水路」と大分県宇佐市の「宇佐のかんがい用水路」。寺ケ池=写真=は市で最も大きいため池で、江戸時代の新田開発の際に寺ケ池水路と共に築造された。築造には16年の期間と延べ4万人が関わったとされる。地域の農業発展と食糧増産に貢献した。

ペイウォール会員向け記事です。

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram