下電ホテル、コロナ軽症者の受け入れへ 岡山県

  • 2020年5月13日

下電ホテル

 岡山県は13日、新型コロナウイルス感染者の増加に備えて、軽症者などを受け入れる宿泊療養施設として、鷲羽山下電ホテル(倉敷市、101室)を運用すると発表した。軽症者などの療養に78室を割り当て、15日に運用を開始する。

 重症者を優先する医療体制への移行を進めるため、宿泊療養施設を初めて確保した。対象者は軽症者、無症状病原体保有者。医師や看護師、県職員が常駐する。

 鷲羽山下電ホテルを運営する下電ホテルグループの永山久徳代表は「宿泊施設に求められる社会的責任を果たすために決断した。滞在を少しでも健康的で快適なものにしてもらう。クラスター発生の可能性もまだ残っており、いざという時に備え、県民の安心につなげてほしい」と話した。


下電ホテル

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram